必見!学習メソッド

久留米自習室blog

ACCESS MAP

お問い合わせ

久留米自習室

〒830-0033
福岡県久留米市天神町122-3 2F
TEL&FAX:0942-38-5040

学習メソッド

授業の時間より自習時間が多くなります

予備校や塾の夏期講習を朝から晩まで毎日一日中受けた人の話として、途中で授業を受けなくなり、自習時間に変えていったそうです。
授業を受けるためには、その何倍も自分で予習復習が必要になるからです。
今の時代、高校での夏期課外授業は当たり前ですので、それを予習復習するために、みなさんが自習できる場所を探されています。
久留米自習室が、お役に立てればと思います。

面談による受験の作戦

生徒個々人の状況で、合格するための計画が違ってきます。活字体験が少なく、なかなか英語や現代文、小論文などが伸び悩む人や東大や京大の過去問より難しいセンターの問題に苦戦している生徒さんもおられます。

久留米自習室では、それを簡単に乗り越えさせるだけのスタッフがいます。しかし、時間やお金の制約というものが必ずあります。 合格するために必要な作戦を考えましょう。

配布プリントによる効果

個別面談は行いますが、「わからないところがわからない」という状況では、何を質問したらよいかわからないと思います。

そこで、「中高生がわかっていない事をわかる」そんなプリント配布を毎日行います。一週間に一度来られる方へは、一週間分の全てのプリントを渡す事になります。現在、英語と古文の先生が、英単語と古文単語のプリントを用意しています。また、入試情報のプリントも渡す予定です。

各教科の勉強に関して

英語

英語が得意な地元のM高校の生徒たちと、「redは赤という意味だけじゃないよね?」と話すと、「色は感情を表しますね」と答えます。逆に、英語が苦手な生徒は「昨日、(どこかの塾か予備校で)世界一長い英単語を教えてもらったよ」と喜んでいます。
まるで勉強している方向が違います。「redは顔を真っ赤にしている、つまり怒りの表情で使われる」など、中学で習った基礎単語は大事なのです。

中高生が見落としている英語に関して、プリントを渡していきます。公立高校の一年生が高校一年生で英検二級を取れたのも、大事な事ばかりを暗記したからです。
そこから先は、久留米自習室の英語の先生に読解や英作などを習うと良いと思います。入試傾向を研究している生徒ならば、わかっていると思いますが、現在は10年前の大学入試より英文の量が減っています。
10年前の特殊な読解法は必要ありません。

国語

古文を習いに来る生徒は、毎年たくさんおられます。漢文も、センターで満点取られる生徒が、毎年たくさん出てきます。
しかし、現代文の勉強を意識しない生徒が多いです。そこで、古文の先生が渡すプリントの他に、現代文の解法テクニックをプリントで渡していきます。現代文は、活字体験の差で成績の伸び方が違う科目ですので、あくまで「活字体験の少ない生徒」でも得点できるテクニックを渡します。

また、配布する古文単語は200個ぐらいです。まず、センターでの古文の配点を考えますと、英語の四分の一とかですので、センターの英単語が1,500個ぐらいであれば400個以下に絞り込むのが当然です。
更に、「古文は日本語」ですから、もっと減らしても大丈夫です。200個ぐらいの古文単語集を使うのが正解ですが、覚えにくいものばかりです。そこで覚えやすい古文単語のプリントを配布します。

数学

数学の体験授業に来られる文系の生徒さんで、「自分は九州大学を受験するから、センターではなく、二次の問題で授業をして欲しかった」と言われる事があります。しかし、九州大学の文系に合格した教え子でも、センターの数学で片方の得点が半分以下でした。
つまり、センターで高得点が取れますと、二次が取れなくても楽に合格できます。センター対策は、決して一般の国立大学対策だけではありません。

今年のセンター試験の三角関数を解かれた方は、多くが解けなかったと思います。実は、この問題に似ている問題が過去に京都大学で出ていますね。むしろ、変形をしなければならない分、京都大学の過去問より今年のセンター入試の方が難しいと思います。
他の教科でも、センターの問題が東京大学や京都大学の問題より難しいという事があります。「センター試験は基礎」ですが、「基礎ほど難しい」と言われています。

理科

生物に関しては、遺伝のところだけを習いに来る生徒が多いですね。そして、センターの過去問は10年前まで解くと言うのも一般的に言われています。
しかし、10年前ぐらいのセンターの遺伝は、東大や京大の問題よりも難しいです。それを知らずに解く生徒がおられます。主要教科の授業を受けるだけで、理科は自習で済ますという生徒のためにも、そういう情報を渡していきます。

社会

社会の質問に来られる生徒さんは驚くほど少ないのですが、勉強の仕方についての相談はあります。
「暗記モノは、一気に覚える」これが原則ですので、社会の成績の良い生徒たちは、「学校の定期テストの時に一気に覚えている」と言いますね。
数学などの論理を思考する勉強は毎日問題を解く事ですが、社会などの暗記は「集中して覚える」が大事ですので、「静かな自習空間はおススメ」だそうです。